家族にも理解されないうつ病の話 父親編

うつ病体験談

私はうつ病になって4年になりますが、うつになった要因を詳細に語ることができたのは昨年の夏になってからになります。

「自分の状況を整理できなかった」「うつになった時のことを思い出したくなかった」というのもありますが、安心して誰かに話すことができなくなった主な原因は父の言動にありました。

長く連れ添ってきた父からこんなにもキツイことばと行動をされるとは思っていませんでした。

今は家庭内別居中で暮らしていますが、声や体臭、階段を下りる振動などが引き金となって嫌な記憶が思い出されるフラッシュバックがしょっちゅう起きてます。

そんな家族にも理解されないうつ病の話を話していきたいと思います。

この記事の三行まとめ
  • うつ病になった原因を家族を信用できず話することができなかった
  • 主な原因は「医者からの心無い言葉」と「父親の言動」。父の言動はどうしても許せなかった
  • それでも時間が経って体調がよくなれば父とも仲直りできたらいいなと思っている

うつ病の症状がひどい時は長い文字を読むのがしんどいと思うので三行まとめだけでも読んでってください

スポンサーリンク

安心して話せないうつの症状

うつの初期症状

私は過労から2017年の2月に倒れ産業医と相談した結果、4月から3か月間を目途に病気休業をとることになりました。

休みをとることになってすぐは比較的活動的に動けることが多く、動物園や植物園に写真を撮りに行くことや地元の友達と会うことも臆せずにできました

しかし復職の時期が近づくにつれて体に異変が出てきました。
身体が鉛のように重くなり、夜眠れなくなったり、気分が落ち込んだり、イライラしたり、日に日に体調が悪くなっていきました。

気分がすぐれない日が続きとうとう今まで通っていた病院に通えなくなりました

とうとう病院にも行けなくなった

うつ病になって間もなく2週間に一度東京の病院に通っていました。
2週間は東京で療養しながら病院に通い残りは大阪で休養をとる生活を続けていました。

ところがある時期を境に身体が東京に行くことを受け付けなくなり、関東の地名を聞くだけで不安と恐怖に襲われるようになっていました。
きっとこれ以上心が傷つかないように自然に防衛反応をとるようになったのでしょう。

通院を一回休むことになりましたが、それでも母の付き添いもあってなんとか東京の病院に行くことができました。
しかし、医者からは通院できなかった理由も聞かれず「治す気がないのか」「病院に来ないのはもってのほか」といった心無い言葉を浴びせられ立ち上がれないほど落ち込みました

これが病気のことを誰かに安心して話をできなくなった原因の一つになります。

このコラムの三行まとめ
  • 休業してすぐは活動的に動くことができた
  • 復職時期が近づくにつれ体に異変が起こり、東京の病院に行くことを拒否するようになった
  • 医者から心無い言葉を浴びせられ、自分の症状を誰かに話すことが怖くなった

うつ病の症状がひどい時は長い文字を読むのがしんどいと思うので三行まとめだけでも読んでってください

タイトルとURLをコピーしました